複数社に返済のため妹から借金

20代の頃はまだバブルの真っただ中で、若者は競うようにオシャレを楽しんでいました。

私もそうで、一着何万円もするような服を買って、毎日のようにクラブに行ったりして遊び歩いていました。女でもそこそこお給料が良かったので、給料日前でお金がなくなってもクレジットカードで買い物をしては返済を繰り返しながら買い物と遊びを楽しんでいました。

けれどバブルが弾けて、途端にお金に行き詰りました。もともと預金などしない性格だったので、返済ができなくなるのも当たり前。

すぐにクレジット会社から電話が掛かって来て、カードはストップされてしまいました。困ったのは返済です。催促の電話が入るようになり、困った私は妹に泣きつきました。

親にだけはどうしても知られたくなかったのです。妹に誓約書を書かされ、200万円借りました。実はクレジット会社だけでなく、街金2社にも借りていたのです。

妹にはとても呆れられましたが、親には内緒で貸してくれて、それを返済に充てました。毎月少しづつ返済して行き、結婚してからも返済を続けていましたが、子供が生まれた時に残金の返済を許してくれました。

「子供にお金がかかるだろうから、もういいよ」と。妹には本当に感謝しています。