最初は生活費のために・・・

もうかれこれ十数年前の話になりますが、今で言うブラック企業的なバリバリの営業会社に入り、スズメの涙程度の給料しか貰えず、自爆営業も半強制的にやらされるような環境だったため、生活するにも困るようになり、消費者金融にお世話になる事になりました。

その会社の社員はほぼ全員が消費者金融にお世話になっているような状態だったため、「借金」という、ともすればネガティブになりそうな行為に、簡単に足を踏み入れてしまいました。

最初は当時のメジャーどころの消費者金融でお金を借り始め、信販系、中堅どころの消費者金融と最終的には10社前後から借りていました。

いわゆる多重債務ですが、それでもブラックでもお金を借りられるようなところを探すと借りることができました。

借金するときは信用情報会社が借入額や返済履歴を管理していますが、消費者金融系、信販系、銀行系のそれぞれの信用情報会社が異なるため、その盲点を突けばうまく借りられます。

消費者金融の場合は、借金と返済を繰り返す事で借り入れ限度額が50万円~100万円まで増えていくので、返済のための借金を繰り返す事になり、最終的には500万円以上は借りていたと思います。

そこまでいくと借金に対する感覚が完全に麻痺してしまって、キャバクラに行ったり、風俗に行ったり、借りられる分は使ってしまうという悪循環に陥っていていました。

最終的には、自己破産をして、現在は自由の身になっています。