子供2人のシングルマザー、カードとキャッシングでお金を借りる

子供2人をかかえて家を飛び出したのは30を過ぎてからの事でした。

仕事も収入が確定したので「やっていける」と甘い考えのまま主人と別居しました。ところが、そんなに甘いものではありませんでした。

子供はサッカーを始め、その費用は結構かかりましたし、何より家賃や光熱費などの住居費に収入の大部分を当てなければなりませんでした。


今考えると、もっと家賃の低い賃貸を借りるべきでしたが、子供たちは転校するのを嫌がりましたので仕方なくクレジットカードのキャッシングを使うようになりました。

そのうちカードローンのキャッシングにも頼るようになり返済のためにまた借りるという生活が続きました。いよいよ切羽詰まったときに本業の他にアルバイトを始めました。これで少しは楽になりましたが、体はくたくたでした。

結局子供は高校を卒業し就職が決まりましたので、子供のためにこれまで掛けてきた学資保険の満期金を借金の返済に当てました。苦しかったけれど、無事に独り立ちした子供たちを見ると頑張ってきてよかったと心からそう思います。