スロットにハマり借金返済で苦労した僕の20代

僕は31歳、民間企業で働く営業マンです。僕の20代の時、多額の借金をしてしまいました。

原因は当時ハマりまくっていたスロット。大学出たての頃でしたかね、たしか大花火ってスロット機種があってそれに夢中になっていました。

卒業後は働きもせず、それだけで食っていく!などと息巻いて毎日毎日パチンコ屋さんに通いました。昔から妙にプロ意識だけは強く、パチンコ屋さんを『職場』として捉えていました。

今思えばお恥ずかしい話です。しかしそれで儲かっていたのも事実。調子の良いときはそれで150万くらいにまで貯金が膨らみました。

そのときは本気で、これで一生暮らしてやろうと思っていました。しかし、大花火のように大勝ちできる台が規制されてゆき、僕の氷河期が始まりました。

勝てなくなっていきましたが、一度勝てた時代を経験しているとどうしても「次勝てばいい」という気持ちが湧いて来てもうスロットをやめられなくなりました。

そしてあっという間に貯金が尽きました。手元にお金が無くなると今度は借金をしてスロットに通い始めました。過去の栄光にすがるように、毎日毎日通いました...。

が、借金が膨らむだけで一向に勝てませんでした。そして借金が100万円を越えたとき、ようやく諦めました。

それから死に物狂いでバイトをしました。その間もたまにスロットへ行き負けて...を繰り返しましたが29歳の時ようやく完済。

20代後半からは彼女もできて、もうスロットからは足を洗いました。こうしてスロットと返借金返済に僕の20代は消えました。

皆さんもスロットのハマり過ぎには気を付けて!